ウォーターサーバー 正しい選び方 熱中症

熱中症について

暑い時期になると毎年重症患者がでる熱中症。
その予防と対策にも、ウォーターサーバーは大変便利です。
熱中症の正しい対策・予防の方法を知り、健康維持に努めましょう。

熱中症の原因

熱中症は、体温調節機能が低下することで起こる様々な症状の総称です。
体温の上昇とそれに伴う発汗、及び水分と塩分の喪失が主な原因です。

熱中症の症状

熱失神

血圧低下による脳血流の減少により、目まい顔面蒼白一時的な失神などが症状として現れます。

熱疲労

大量の発汗による脱水症状は、倦怠感頭痛嘔吐などに見舞われ、集中力や判断力の低下にもつながります。

熱けいれん

大量の発汗のより体内の塩分濃度が低下すると、筋肉を収縮する機能も低下し、手足がつる筋肉がけいれんを起こすなどの症状が現れます。

熱射病

さらに症状が悪化し、体温調節ができなくなると脳などの中枢機能に影響が出ます。意識障害混濁が起こり、重篤な状態に陥る可能性があります。

熱中症の対処法

熱中症は速やかな対処法により重症化を回避できます。
各段階における対処法を憶えておきましょう。

熱失神・熱疲労

めまいや倦怠感、一時的な失神の時は涼しい場所に移動し、衣服を緩めます。
足を高くした状態で寝かせ、水分を補給すれば回復します。

熱けいれん

生理食塩水もしくは経口補水液を飲ませ、水分と塩分を補給します。
しばらくしても回復しない場合は医師の診察を受けましょう。

熱射病

高熱、意識混濁、反応が鈍い、不自然な言動などが見られる場合は危険な状態です。
すぐに救急車を要請してください
また、意識がない、あるいは自分で水を飲めない場合は無理に水分を与えないようにしてください。
救急車を待っている間は、全身に水をかける、濡れタオルを当てるなどして体を冷やします。大腿部など大きい血管のあるところはアイスパックなどで冷やすのも効果的です。

熱中症の予防と対策

熱中症の予防

熱中症の予防には、睡眠をしっかりとる、栄養のあるものを食べるなどが重要ですが、やはりもっとも肝心なのが水分補給。
脱水症状にならないよう水分をこまめに補給しなければなりません。

水分補給と塩分補給

水分だけ補給しても、塩分を取らずにいると脱水症状になります。
体内の塩分濃度が低下しないよう、塩分も補給しなければなりません。

緊急時は生理食塩水か経口補水液

速やかに塩分を補給するにはミネラルウォーターやお茶の塩分(ナトリウム)の量では足りません
生理食塩水もしくは経口補水液を飲みます。
特に経口補水液は、飲む点滴とよばれるもので、病院で点滴を打つのに近い効果があります。経口補水液には糖分も含まれていますが、多少糖分があったほうが、水分の体内への吸収が早くなるからです。

熱中症からあなたを守る「経口補水液」/初回限定!590円(税別)送料無料

常飲するのはミネラルウォーターかお茶

普段はナトリウムも摂取できるミネラルウォーター麦茶を飲みましょう。
麦茶以外のお茶にはカフェインが含まれており、利尿作用があるため逆に水分を排出しやすくしてしまいます
糖分の多いジュースやコーラを常飲すると、糖分の過剰摂取でペットボトル症候群の危険があります。
また、汗をあまりかいていないのに塩分(ナトリウム)を取らずに水分ばかりとっていると、ナトリウム血症になってしまいます。

熱中症対策におすすめのウォーターサーバー

ミネラルの入っていないRO水よりも、天然水のほうが熱中症予防には向いています。
もちろんRO水でもアクアクララのようにミネラルを配合しているものなら大丈夫です。

ウォーターサーバーなら宅配水シェアNo.1の【アクアクララ】